治験

治験

新しく開発された薬の安全性や有効性を、新薬の承認前に人体で試すのが治験。この治験を通さないと国から新薬として販売することを認められないんです。そう、医学の進歩には治験は絶対なのです。

 

治験の場合はアルバイトではなく、ボランティアという形になりますが報酬はちゃんともらえます。治験の種類もたくさんあり、初級編では、栄養ドリンクやサプリメントの数日間のお試しや、自宅での薬用化粧品の使用による肌の変化を調べるといった誰でもできる楽々なボランティア(バイト)があります。
中級編になると、週末2日ほど入院して新薬を試したり、メディカルチェックをしたりなんてものになります。この程度ならば、やってみようかなって気にもなりますね。
しかし治験も上級編になると、2週間から1か月近くの長期入院、毎日数回の採血や注射、そして基本的に外出禁止といった厳しいものになります。その分貰えるバイト料は高額になりますが、それそうとうの気合が必要になりますね。

 

それでもやってみたいというのであればモニター登録をしちゃってください。案外、治験によって隠れていた病気が見つかったりするかもしれません。そうなれば、一石二鳥のバイトだということになりますね。